facebook
初台での楽しみ方
「初台阿波踊り大会」は、ご参加いただく多くの連と、ご来場いただくたくさんのお客様で賑わう、毎年9月に行う2日間のお祭りです。1km近くと、長い”流し踊り”と、各会場に分かれて踊る”輪踊り”が、特徴の阿波踊り大会です。客席は特に設けられてなく、お客様と踊り子が一体となれる会場です。誰でも参加OKの”飛び入り連”でもお楽しみいただけます。
見て楽しむ
photo初台阿波踊り大会の大きな特徴の1つ。それは、客席と踊り手の間に境がないこと。じっくりと音と踊りを沿道で観るもよし。お気に入りの連に合わせて移動しながら観るもよし。散歩のように祭り気分を楽しんでもよし。近くの公園や沿道のお店に入って、お囃子を楽んでもよし。と、色々なスタイルで過ごしていただけます。
参加して楽しむ
photo地元、ちびっ子連、商盛会連では、毎年、地元の方にご参加いただける様、本番約1月前から、練習を行っています。阿波踊りが全くはじめての方から、ベテランの方まで、是非一度、一緒に踊ってみませんか?
練習に参加し、申し込みをして頂ければ、どなたでも幅広くご参加いただけます。
ちびっ子連へのご参加は、保護者の方の同伴が必要です。
飛び入りで楽しむ
photo踊る阿呆に、見る阿呆、
同じ阿呆なら踊らにゃ損々・・・
初台ならではの楽しみ方。それは”飛び入り連”です。地元「商盛会連」後方から飛び入りの踊り手として、毎年多くの方にご参加いただいています。阿波踊りシーズン終盤に”見る阿呆”だけではつまらない。踊りを知らない方でも”踊る阿呆”になってはいかが?